JBAN.jp インタビュー

本コンテンツでは、JBANに属しているバルーンアーティストやバルーンのお仕事に従事されている方々に
「バルーンに触れたきっかけ」「仕事について」「そしてこれから」など、ここでしか読めないインタビューを定期的に掲載していきます。

インタビュー記事一覧

No.18

有限会社イマジン ハートフラワーチャーリー  篠田 卓 さん JBAN会員(北海道地域)

1995年にお花屋さん<ハートフラワー ・チャーリー>を起業。翌年にエミリーズバルーンビジネススクールを卒業し、花とバルーンのお店としてスタート。バルーンやお花の業界でたくさんの生徒さんや同業者から慕われ、とにかく楽しいイメージの篠田さんですが真面目で繊細な部分も見られました・・・。コンテストや講師、バルーンやお花に対する正直な想いを伺い、とてもステキなお人柄に触れることができました! どうぞお楽しみ下さい。

No.17

株式会社風車 BalloonMoMo  樋口百恵 さん JBAN会員(中部地域)

物心ついたころから大好きだったふうせん。小学生の時、将来の夢は「バルーンアーティスト」高校生の時からすでに独学で作品を作っていたという樋口さん。短期大学卒業後、一般企業に就職。その後、(株)ニコフィーバルーンパーク山下さんと運命の出会いがあり、現在に至るそうです。それでは、夢を実現させたBalloonMoMo樋口さんの世界へ・・。どうぞお楽しみ下さい。

No.16

Brilliant Balloon  松山みゆき さん JBAN会員(関西地域)

2013年ネイルサロンの片隅でバルーンを販売から始まり、今はバルーン専門店を経営。2015年には大阪・和歌山にて個展を開催するバルーンアーティスト。大きな現場の時は仕込みに時間がかかって、お店の床にダンボールを敷いて仮眠したり・・仲間が「にこにこ笑っているけど、言ってる事は鬼だね!」って言いながらも過酷な現場も笑って頑張ってくれる事は感謝しかありません。と仲間想いな松山さまにインタビューさせていただきました! どうぞお楽しみください。

No.15

有限会社 梯参(ていさん) バニーズバルーンファクトリー  柴田あかね さん JBAN会員(中部地域)

妹・家泉あづささんと1998年エミリーズバルーンアートビジネススクールを受講後、バルーンビジネスをスタート!数多くの経験と経歴を持ち、JBANコンベンションや世界の大会などから講師や審査員のご依頼が次々と・・。日本に限らず海外でもご活躍されている柴田さん。仕事を通じて色々な国にたくさんのお友達ができましたと伺いました。数多くの経歴の中、ほんの一部ではございますがインタビューさせていただきました! どうぞご覧ください。

No.14

AOMORI バルーン集団ねじりんご  澤尻淳子 さん JBAN会員(東北地域)

風船を通して、それぞれの得意不得意も補える素敵なメンバーと巡り逢い、震災後「青森を元気に!東北を元気に!」もっと気軽に子供たちに風船で笑顔を届けたいという同じ想いで、風船を「ねじる」青森と言えば「りんご」二つ合わせて「ねじりんご」を結成!!バルーンショーやイベント、装飾やグリーティング、バルーン教室など幅広くご活躍中。常に楽しいことや新しいことを考えるAOMORIバルーン集団ねじりんご代表バルーンパフォーマーsawaさんのインタビューです。どうぞお楽しみください。

No.13

歌うバルーンパフォーマー  ★MIHARU★ さん JBAN会員(関東地域)

保育士・役者・歌手・声優・ミュージカル・MC・ホームヘルパー・ヒーローショーのお姉さん・・・数多くの職業を経験し、現在は歌うバルーンパフォーマー★MIHARU★としてご活躍中です。バルーン界の歌姫♪として活動の幅を広げ海外にも積極的に挑戦していきたい! オリジナル曲を増やし今以上にパフォーマンスの幅を広げていき歌うバルーンパフォーマーとして確立していきたいです! と熱い思いをお話しいただきました。きゃりーぱみゅぱみゅさんによく間違えられる?! ★MIHARU★さんの大ファンになること間違いなし! 楽しいインタビューをどうぞお楽しみください。

No.12

株式会社シズオカ録音企画  松田未来 さん JBAN会員(中部地域)

1997年まだまだインターネットが普及していない時代・・結婚式場で司会業をされていた松田さん。他に出来ることはないかと探し、運命的にバルーンアートビジネススクールと出会い受講。第3期生で卒業されました。2011年にショップをオープンし、バルーンだけでなく婚礼やイベントの司会、音響まで松田さんの活動範囲は幅広い。美味しいものを食べることとたくさんのアーティストさんとの情報交流が原動力の源!と伺いました。それではどうぞお楽しみください。

No.11

一般社団法人 みなすまいる  嶽村幸菜 さん JBAN会員(九州・沖縄地域)

バルーンの魅力にとりつかれ、バルーン無しでは生きていけないとお話される嶽村さん。2016年熊本震災後、被災者に向けてのボランティア「縁joyすまいる~笑顔プロジェクト~」にて活動。バルーンは人を笑顔にさせ驚きを与えるだけでなく、心を動かし勇気も与える不思議な魔法があるとおっしゃっています。その後、コンビ名を「縁joyすまいる」とし、人々を笑顔にしご縁を大切にしながら、バルーンアートショーをメインに教室やギフト、装飾などでもご活躍されています。そんなバルーンの魅力があふれた、熱いインタビューをどうぞお楽しみください。

No.10

RengeBalloon  蓮華ちゃんだい さん JBAN会員(関東地域)

お笑いコンビ「蓮華」で笑い+バルーンで人気を博しているちゃんだいさん。お笑いの舞台だけでなく、バルーンコンテスト(ラージスカラプチャー部門)のチームにも積極的に参加されており、「人との繋がり」や「出会い」を大切にされているアーティストでもあります。そんなちゃんだいさんにお笑いについて、バルーンの魅力、人との縁についてインタビューさせていただきました!どうぞお楽しみください。

No.9

株式会社MALEC  松山眞也 さん JBAN会員(関西地域)

会社自体はイベント運営を中心におこなっていますが、「子どもに人気のあるもの」「おもしろいもの」を探すうちにバルーンという商材にたどりつき、以来バルーンの仕事にも従事。過去、様々な業種に携わった経験を生かしたバルーンの装飾は、唯一無二の空間を創りだし、そのデザイン性の高さと幅広い提案力は、多くの企業から支持を得ています。また、バルーンギフトのショップも運営しており、今後ますますバルーン事業の展開を広げていくことを検討されている松山さん。新しいことに常にチャレンジしたい!という松山さんのバイタリティーあふれるインタビューです!

No.8

DICHA BALLOON  中村兼子 さん JBAN会員(北陸地域)

石川県にあるバルーンのお店「DICHA BALLOON」を経営されていらっしゃる中村さん。一度バルーンのお仕事から離れたものの、あることがきっかけで、再びバルーンの世界へ。「この仕事は大変なことも多いけれど、自分自身がワクワクして、楽しんでバルーンの仕事を続けていけたら最高!」と語る中村さん。バルーンとの「縁」を感じるインタビュー、ぜひご覧ください。

No.7

Summit Creative  Syan さん JBAN会員(関東地域)

日本に限らず世界でご活躍されているバルーンパフォーマーのSyanさん。風船を巧みに操り、見る者全てを魅了する彼のバルーンパフォーマンスは、お客様からはもちろん、他のバルーンアーティストからも一目置かれるほど、高度なテクニックと芸術性を誇ります。現在のお仕事に就くまでのいきさつや、日本と世界の風船文化の違いまで、様々なお話を伺うことができました。インタビューから、ミステリアスな仮面の下に隠されたSyanさんの意外な素顔が垣間見えました。

No.6

Balloon Conchelu  今田千晴 さん JBAN会員(東北地域)

仙台市にあるバルーンショップ&アトリエ「Balloon Conchelu」の今田千晴さん。今田さんがお客様のご要望を丁寧に汲み取って作る可愛らしい作品は、みんなを笑顔にする力を持っています。JBAN主催の「2016年度秋期全国統一スクールバルーンホビーコース」では、東北地区の講師を務めていただきました。講師経験を通じて感じたことや、普段風船のお仕事をする上で、大切にしていることを伺いました。

No.5

株式会社バルーンアートプランニング  太田 翔 さん JBAN会員(中部地域)

名古屋市にある、バルーンショップBAPで働く太田翔さん。親子2代に渡り、バルーンショップBAPを経営しています。JBAバルーン競技会では最優秀賞を2度受賞し、その高い技術によって生み出されるアレンジメント作品は、多くの方の支持を得ています。「小さいころからバルーンが身近にあった」という太田さん。なぜ風船の仕事をするようになったのでしょうか。また、JBAバルーン競技会にて受賞された際のお話も伺いました。

No.4

Balloon Shop Plume  猪股杏加里 さん JBAN会員(関東地域)

横須賀にあるバルーンショップ「Plume」の代表、猪股杏加里さん。様々なシーンに合わせたギフトや装飾を得意とし、19Th JBANコンベンションにおいては、ファイナルパーティー装飾スタッフとして参加、20Th JBANコンベンションでは、コンテストに出場し、見事ヘリウムブーケバースデー部門にて優勝を果たしました。バルーンアートに初めて触れた日から、バルーン専門店をOPENさせるまで、どのような道を歩んできたのか。「たくさんの方にバルーンで幸せを届けたい!」という熱い想いを秘めた猪股さんのインタビュー、ぜひご覧ください。

No.3

有限会社 木村生花店  原田勝通 さん JBAN会員(中四国地域)

本業は生花店の原田さん。しかし、お花屋さんの講習会でバルーンアートに出会い、その魅力に惹かれバルーンの世界へ。JBANコンベンションでは、2年連続でスタッフとして活躍されました。またお花とバルーンへの想いを語っていただきました。

No.2

有限会社 チャーミングアート 代表取締役  高松昌輝 さん JBAN会員(中四国地域)

今回20thを迎えたJBANコンベンション。セミナーでは「巨大アイブレックスツリー」の装飾方法や、「バルーンと発泡スチロールのコラボレーション!」と斬新な内容でセミナーが大好評だった高松さんにインタビュー。バルーンに出会ってから、バルーンをビジネスにするまでの経緯、印象的だったお仕事、さらには講師を行った感想も伺いました!高松さんの温かいお人柄が感じられる内容です。

No.1

バルーンアーティスト p0p0バルーン 神宮エミ さん JBAN会員(関東地域)

バルーンパフォーマーとして、バルーンアーティストとして幅広くご活躍されている神宮さん。最近では、国内のみならず海外でも活動し、益々、お仕事の幅を広げていらっしゃいます。また今回20thを迎えたJBANコンベンションでは、講師として「パフォーマンスを始める第一歩☆」や、「初心者でも簡単!バルーン装飾の作り方」など楽しく分かりやすいセミナーをおこなっていただきました。多くの方に愛される彼女の魅力に迫ります。