JBAN.jp インタビュー

本コンテンツでは、JBANに属しているバルーンアーティストやバルーンのお仕事に従事されている方々に
「バルーンに触れたきっかけ」「仕事について」「そしてこれから」など、ここでしか読めないインタビューを定期的に掲載していきます。

インタビュー記事一覧

No.7

Summit Creative  Syan さん JBAN会員(関東地域)

日本に限らず世界でご活躍されているバルーンパフォーマーのSyanさん。風船を巧みに操り、見る者全てを魅了する彼のバルーンパフォーマンスは、お客様からはもちろん、他のバルーンアーティストからも一目置かれるほど、高度なテクニックと芸術性を誇ります。現在のお仕事に就くまでのいきさつや、日本と世界の風船文化の違いまで、様々なお話を伺うことができました。インタビューから、ミステリアスな仮面の下に隠されたSyanさんの意外な素顔が垣間見えました。

No.6

Balloon Conchelu  今田千晴 さん JBAN会員(東北地域)

仙台市にあるバルーンショップ&アトリエ「Balloon Conchelu」の今田千晴さん。今田さんがお客様のご要望を丁寧に汲み取って作る可愛らしい作品は、みんなを笑顔にする力を持っています。JBAN主催の「2016年度秋期全国統一スクールバルーンホビーコース」では、東北地区の講師を務めていただきました。講師経験を通じて感じたことや、普段風船のお仕事をする上で、大切にしていることを伺いました。

No.5

株式会社バルーンアートプランニング  太田 翔 さん JBAN会員(中部地域)

名古屋市にある、バルーンショップBAPで働く太田翔さん。親子2代に渡り、バルーンショップBAPを経営しています。JBAバルーン競技会では最優秀賞を2度受賞し、その高い技術によって生み出されるアレンジメント作品は、多くの方の支持を得ています。「小さいころからバルーンが身近にあった」という太田さん。なぜ風船の仕事をするようになったのでしょうか。また、JBAバルーン競技会にて受賞された際のお話も伺いました。

No.4

Balloon Shop Plume  猪股杏加里 さん JBAN会員(関東地域)

横須賀にあるバルーンショップ「Plume」の代表、猪股杏加里さん。様々なシーンに合わせたギフトや装飾を得意とし、19Th JBANコンベンションにおいては、ファイナルパーティー装飾スタッフとして参加、20Th JBANコンベンションでは、コンテストに出場し、見事ヘリウムブーケバースデー部門にて優勝を果たしました。バルーンアートに初めて触れた日から、バルーン専門店をOPENさせるまで、どのような道を歩んできたのか。「たくさんの方にバルーンで幸せを届けたい!」という熱い想いを秘めた猪股さんのインタビュー、ぜひご覧ください。

No.3

有限会社 木村生花店  原田勝通 さん JBAN会員(中四国地域)

本業は生花店の原田さん。しかし、お花屋さんの講習会でバルーンアートに出会い、その魅力に惹かれバルーンの世界へ。JBANコンベンションでは、2年連続でスタッフとして活躍されました。またお花とバルーンへの想いを語っていただきました。

No.2

有限会社 チャーミングアート 代表取締役  高松昌輝 さん JBAN会員(中四国地域)

今回20thを迎えたJBANコンベンション。セミナーでは「巨大アイブレックスツリー」の装飾方法や、「バルーンと発泡スチロールのコラボレーション!」と斬新な内容でセミナーが大好評だった高松さんにインタビュー。バルーンに出会ってから、バルーンをビジネスにするまでの経緯、印象的だったお仕事、さらには講師を行った感想も伺いました!高松さんの温かいお人柄が感じられる内容です。

No.1

バルーンアーティスト p0p0バルーン 神宮エミ さん JBAN会員(関東地域)

バルーンパフォーマーとして、バルーンアーティストとして幅広くご活躍されている神宮さん。最近では、国内のみならず海外でも活動し、益々、お仕事の幅を広げていらっしゃいます。また今回20thを迎えたJBANコンベンションでは、講師として「パフォーマンスを始める第一歩☆」や、「初心者でも簡単!バルーン装飾の作り方」など楽しく分かりやすいセミナーをおこなっていただきました。多くの方に愛される彼女の魅力に迫ります。